『ゆる起業』のすすめ。  中小機構はかなり使えるぞ~!

2014-11-19 22:17:38.0

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・
中小機構さんの、自分らしく生きるための『ゆる起業』*を考えるセミナーに行ってきました。
(2014/11/12  *『ゆる起業』は銀座セカンドライフさんの登録商標です)

中小機構とは経産省の管轄で、正式には独立行政法人中小企業基盤整備機構といいます。
2004年にそれまでの中小企業総合事業団や産業基盤整備基金などが再編されたもので、
全国9か所で起業支援を含めた中小企業向けのサービスを提供しています。

ビジネスマッチング、教育、専門家の派遣、起業支援ファンドや
インキュベーション(起業家向け施設運営)など幅広く活動しています。
起業を考える人には心強い味方と言えますね。

何でのも日本の開業率が4.5%だとかで、これを欧米並みの10%程度に向上させるのが
当面の目標なんだそうです。ぜひ頑張ってほしいです!

セミナーの会場は大手町。 中小機構さんの運営するTipsという施設です。
中小企業向けというより若手ベンチャー向け?? 部屋がとってもおしゃれです。
20141112Tipsセミナー1

講師はシニアの起業支援に注力している銀座セカンドライフの
片桐実央さんです。 (以前、参加した交流会はこちら)
20141112Tipsセミナー2
(写真は開始前。この後、約40名と満員になりました)

1.起業のビジネスプランの事前チェック


3つの円を描きます。
・得意なこと(できること)
・好きなこと(やりたいこと)
・お金になること(利益)→顧客開発、マーケットの確認

この3つの円の交わるところで起業するのが成功の確率を高めるそうです。
ごく当然の話ですが、以外と出来そうで出来ません。
わたしも含めてですが、特にシニアは「やりたいこと」に偏る傾向があるとか・・・

シニアの起業は定年を真ん中に、58歳から62歳くらいまでが多いそう。
定年前に早期割増退職金で起業される方と、定年を機会に設立される方です。

50代と60代では傾向として少し起業目的に違いがあるとの説明。
50代はがっちり稼ぎ、いわば成功を目指す方が多い模様。
60代はやりたいことをやって年金にプラスになればいいや、というタイプ。

起業せずに再就職を目指したとしても、定年後の雇用状況は厳しいです。
定年前の年収の30~50%を稼げれば御の字かもしれません。

定年前の給与を600万円とすると180~300万円。
「やりたいことを」をビジネスにするといっても、
この辺の数字を起業の目標ラインにしたいですね。

楽そうに思えるかもしれませんが、売上の30%が給与とすれば、600~1000万の売上が必要となります。
『ゆる起業』とはいえ、マーケティング力が求められそうです。

2.シニア起業の落とし穴


・現役時代のコネを当てにしすぎない
・横柄な態度はとらない
・前職の会社名や肩書を名刺に入れない   (ホントにこんな人もいるそうです! (>_<))
・過去の成功体験に固執しない
・市場調査抜きで過信しない
・初期投資は抑える
・一人だけで走りすぎない→相談しましょう!

わたしも注意したいと思います。

3.事業計画書の作成


金融機関の融資交渉用が主目的ですが、取引先や知人への説明用にも使えます。
大変ですが頑張って作成したほうが良さそうです。

・事業概要
・経営理念、経営方針
・経歴
・ターゲット
・販路
・販売計画
・資金調達計画
・人員計画
・利益計画
・リスク
・スケジュール
  などなど・・・

中小機構さんのような支援体制やインターネットの存在。
日本政策金融公庫やクラウドファンディングのような多彩な資金調達方法。
今の時代、起業のインフラは整っていると感じます。

アベノミクスもついに解散総選挙と怪しげな雲行きです。
政府を当てにするような時代ではありません。

まずは女性とシニアの一人ひとりが頑張るのが先決ではないでしょうか?
この環境をうまく活用したいものです。

自立! 能動! 自由闊達! 年齢不問!
エイジフリーライフ
 の実践ですね!

お金の知恵大全 Ver2.0はこちら

初体験! 銀座アントレ交流会に行ってきました!

2014-05-29 23:17:36.0

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
5月27日、『ゆる起業』で有名な銀座セカンドライフさん主催の銀座アントレ交流会に行ってきました。
(於:銀座ブロッサム 18:20~21:15 経営者向け交流会というやつです)

セカンドライフさんはシニア起業の支援をコンセプトにレンタルオフィスなどをやられています。
今回は代表の片桐実央(かたぎり みお)さんの2冊目の書籍の発売記念も兼ねているということで、約180名の参加でした。 (いつもより多いんだとか‥)

首にかけるナンバー札を渡され、テーブルに着席。 席は自由席です。
銀座アントレ1

配布資料に今日の参加者名簿があり、ナンバーと共に業種が載っています。
社名と業種をチェックして、自分がこれはと思った人にナンバーを頼りに名刺交換に行く、という感じのようです。
式次第は
1.主催者挨拶
2.展示会社さん紹介
3.PRタイム (事前希望者20人、ひとり2分)
4.交流会

という建付けです。

いつもより大人数のせいか受付に手間取り、少し遅れてのスタートになりました。
主催の片桐さんの挨拶の後、プレゼンタイムです。
たったの2分でのスピーチ! みなさん苦戦されています。 (^_^;)

自己紹介として、XXをビジネスにしています、まではいいんですが‥
どんな価値を誰に提供しようとしているのか? 差別化ポイントとしてどんな実績があるのか?
短い時間ではなかなか表現し切れないようです。
伝えたいことを絞り込み短時間でいかに効果的に訴えるか、プレゼンの重要性を実感します。

PRタイムが終了して、いよいよ交流会本番です。
名簿をみると、業種的には士業系の方がやや多い感じ。 
なかには‥ え~っ!どんな顧客を想定してるんだろ?? というような変わったお仕事の方も‥
市場性より、やりたいこと好きなことへの思いが強いんでしょうね‥
(この辺はシニアならではでしょうか‥ 気持ちはよく分かります)

特別の仕切りはなく、勝手に名刺交換して~、勝手に話して~ という感じです。
ただみなさんやはり経営者です。 大丈夫か?、と思う間もなく積極的に名刺交換が始まります。
あちこちで歓談の輪が出来、一気に会場がヒトーアップ!  室温が2度は上がりました!

交流会への参加動機は3種類ありそうです。
1)参加者をマーケットにしたい人
2)参加者中から取引先、パートナーを探したい人
3)経営者仲間としての交流、情報交換をしたい人


バブルの頃、異業種交流会なるものが流行しましたが、参加者がいつの間にか1)系だけになり、肝心のユーザー経営者の足が遠のき下火になりました。
参加者の確保は難しいとは思いますが、約70回の長期にわたる継続は立派なものです。
単純な場の提供というシンプルさが返っていいのかもしれません。 皆さんとても熱心でした。

銀座アントレ2

交流会の間は片桐さんは書籍の売り子に徹してます。 どんどん売れています。
当然、わたしも買っちゃいました! ついでに片桐さんと名刺交換。 (^_^)v

『ゆる起業』とは、自分の好きな仕事で起業し、無理せず、適度な収入を得るための起業のことだそうです。
50、60代での起業の特徴として片桐さんが命名されました。

なるほど納得。 はげしく同意!!!
まさにわたしが不動産投資の先に見えてきたものです。
この 『ゆる起業』 の先に、もう一つの坂があるのかもしれません。

1つ反省‥
時間が時間なので、てっきり 軽食付き と思い込んでました‥ (ToT)こんな低料金なのにあるわけないじゃん! この早とちり!
で、おなか空きまくり‥  次回から気をつけま~す!

週末起業はいいもんだ! サラリーマン起業のススメ!

2014-01-19 22:12:39.0

こんにちは! たそがれ族の不動産投資家やんつです。
個人事業主にとっては頭の痛い確定申告の時期になってきました………
みなさま昨年の実績はどうだったでしょうか??
今年はアベノミクスでウハウハの方も多いと思います。  (^∇^)

401Kも長らくのマイナスを脱し、2001年からの通算利回りがやっと+3%になったとのこと………
わたしも賃貸物件が満室を維持しているお陰で、2013年もそれなりの収益をあげることができました。
子供の教育費、親の介護費用…… もう給与の上がることが期待できないおっさんサラリーマンとしてはこの収入の複線化は本当にありがたいです。

実はわたしはサラリーマンとしては恵まれてきたせいか、決してアーリーリタイアを進める考えではありませんが (なにしろ向き不向きもありそうです……)
それでもこの不透明な時代にはシニアの方やサラリーマンの方に『週末起業』は お勧め! です。
サラリーマンという安定を活かしつつの起業は収入の複線化だけではなく様々なメリットがあります。
またサラリーマンならではのマネジメント系のスキルがものを言う場面も多いです。

わたしが不動産投資という『週末起業』で感じるメリットは次の4つです。

1)経済的安定
2)スキルアップ
3)活動範囲と人脈の拡大
4)自信と目的意識の向上


1) サラリーマンの給与とは別に毎月お小遣いが入る…… やっぱりこれは魅力です。
生活費を給与でまかない、複線化収入の方は万が一に備えての貯金や投資に回すこともできます。
自分年金作りが出来れば、将来への不安も減少します。

2) プチビジネスでも、起業すれば様々な場面に遭遇します。
不動産投資では介業者さんとの交渉、リフォーム会社との修繕打合せ、管理会社との募集打合せ……
否が応でもその分野の新しいことも覚えますし、交渉力も鍛えられます。
そもそもサラリ-マンの方ならこの辺のスキルは高いはずですが、事業主となって自分の決断が全て自分の事業の答えになって返ってくる緊張感とだいご味はまた違った経験をもたらします。
様々なトラブルにも直面しますが、それを乗り越えた時にはきっとスキルアップした自分に驚くはずです。

3) 活動範囲と人脈の拡大
仲介業者さん、管理会社、リフォーム会社、不動産系ネット会社………
これだけでも従来のサラリーマン生活にはなかった新しい活動エリアと人脈ですが、もうひとつ忘れてはならないのはセミナーやイベントを通じて知り合う、仲間との出会いです。
          仲間チームワーク

この同好の士との出会いが特に大きな実りをもたらしてくれます。
家庭、会社以外の第三の居場所が、どんどん広がるのはとてもいいものです。
人生に実りと彩りをもたらします。
(わたしも2010年からの様々な出会いで、まさに大きく人生が変わりました…
仲間との出会いが無ければこんなブログを書き始めることも無かったと思います…   謝々…)

4) 自信と目的意識の向上
『週末起業』を通じて経済的充実を得られると、将来の不安が解消されると共に自信もついてきます。
活動領域も広がり、社会への接点も増え、見える景色が変わってきます。
坂の上に坂があったことに気が付き、登る意欲が湧いてきます。

自立した、社会に貢献できる人になれる、それが『週末起業』の醍醐味です。
ぜひみなさんもチャレンジしませんか!?

先日、日経電子版(2014/01/09)で紹介されていましたが現役女子高生の社長(起業はなんと中3!)
なんていう人もいます。 す・すごい!!
株式会社AMF 代表取締役 椎木里佳(しいき りか)さんという方で
JK向けマーケティングやJK向けスマホのめざましアプリ なんてのをやってるようです。
凄いのはJKそのものがブランドであることを十分意識していることで、それを前面に出して活用しています!

う~ん…… おっさんを前面に出しても、介護施設のパンフレットが届くだけだもんなぁ~……(´Д` )
おっさんも 負けてられんぜよ!!

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

Webディレクター
AFP+個人投資家
自立! 能動! 自由闊達! 年齢不問!

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ