お金は何故卑しいのか? 学校では教えてくれない日本史!

2014-07-09 22:46:49.0

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたに、今回はお勧め図書のご紹介です。

「逆説の日本史シリーズ」で有名な井沢元彦さんの著書です。
彼は一貫して、歴史は人間社会の織り成す因果関係の結果であり、大きな流れであると主張しています。
単なる歴史的事実だけではなく、その原因と背景に着眼し、生きたドラマとしての歴史をわたし達に提示してくれます。

本の冒頭から、「邪馬台国は何処にあったのか?」という古典的歴史論争にも、『読み方』というアプローチでバッサリと一刀両断して見せます。

   

「第一章 なぜ、徳川幕府は滅亡したのか」 に興味深い考察があります。
日本では「お金は卑しいもの、不労所得より勤労が美徳」という考え方が根強くありますが、なぜ日本でそんな考えが主流となったのかを解き明かしてくれています!

江戸時代に統治のために採用した朱子学が今の日本の考え方に大きな影響を与えたというのです。
元々は主君への忠誠を重んじる思想として採用したようですが、その教えの中に 貴穀賤金(きこくせんきん) の考え方があったのです。

当時は、ご存じの通り身分制度として士農工商と呼ばれていました。
官僚たる武士を除くと、 作物を作る:農、 産業品を作る:工 が商(あきない)の上位に来ています。
ここで 「ものつくりを尊ぶ」 の考え方の基礎ができたわけです。

その後、明治時代など投資に意識が向かった時代もあったようですが‥
戦時中には、 「欲しがりません勝つまでは」 と質素倹約の時代に戻り、戦後の貯蓄奨励へと続きます。

こうして今につながる長い時の流れの中で 「お金は卑しいもの」 という考え方が育まれたという訳です。

お金と勤労、どちらも大事だと思うんですがね‥

その他の内容です。

第2章 日本の 話合い絶対主義、談合 の根っこは聖徳太子の憲法17条、「和を以て貴しとなす」にあった!
第3章 判官贔屓(はんがんびいき)は怨霊への恐怖から。 怨霊信仰について。
第4章 何故武士が天皇家を滅ぼさなかったのか? ヒントは穢れの思想。
第5章 何故、無謀な戦争に反対できなかったか? 背後にある言霊信仰とは?

どうです??  言葉はおどろおどろしいですが、なんだか日本文化の持つ業(ごう)を感じませんか??
歴史の授業がこんなのだったら、もっと日本史が好きになったのになぁ〜‥
もうこれは読むしかない!??

えっ!? 借金が2億って言ったらほめられた! -お金のレバレッジ-

2014-05-24 22:02:57.0

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたと、今日もファイナンシャルリテラシーについて考えてみます。

前回、 良い借金・悪い借金 のお話をしましたが、もう少し借金の話を続けます。
現在、わたしには約2億円の借金(銀行ローン)があります。
札束

以前、前の勤務先の後輩にばったり会って、近況報告のなかで不動産投資の話題になり、
「アパートを3棟取得したよ~」という話をしました。
「えーっ3棟ですか!? すごい! いいですね~」
「いやいや。 でも借金が2億位あるんだよ~」
色んな話題で盛り上がった後、別れ際に心配げな顔で彼が言いました。
「大丈夫ですか?? 無茶しないでくださいよ!」

う~ん、不動産投資の良さを説明してたつもりだったんですが、
借金の大きさだけが印象に残ったようです‥ orz

考えてみればこれは、これはごくまっとうな反応かもしれません。
一般的には、「借金=悪」、「借金は避けるべきもの」という常識があります。
わたしも以前はクレジットもなるべく使わず、「いつもニコニコ現金払い」派でした。
今でも使うときは一括払いだけです。

投資仲間でも物件を買い進めるに際し、「借金への抵抗感」がハードルのひとつになってるという人は多いです。
3000~5000万円というローンは組めるけど、「億」という言葉を聞くと尻込みしてしまうようです。 (まぁ、根拠なく不感症の人も問題でしょうが)

不動産を学んだ「ファイナンシャルアカデミー」で よい借金 と 悪い借金 があると聞いた瞬間にマインドセット(心構え、価値観)として 「借金=悪」 というタガを外すことができました。

といってもやはり最初の大きな借金は怖かったです。  (>_<)
どきどき‥ 本当に返せるんだろうか?
どきどき‥ ちゃんとシュミレーション上ではいける!  はず‥
どきどき‥ よし大丈夫!
このマインドセットに成功した友人達は、3億、4億 と買い進めています。
みんな、最初のローンの返済を実際に家賃収入で安定して返すことによって始めて実感を持って返せる自信につながったと言います。

借金して見てわかったことがあります。
古い言葉で「借金も甲斐性のうち」というのがあります。
借金というのは貸してくれる金融機関があって初めて成り立ちます。
つまり借金したということは、 返せる人だと金融機関が判断したということ です。
借金できる属性であることの証明なんです!

たまたま年配の方と不動産投資とローンの話になったことがあります(投資家の方ではありません)
てっきり心配されると思ったんですが・・
「2億の借金! そりゃ凄い! たいしたもんだ~」
      ‥褒められちゃいました!

借金できる力というのはファイナンシャルのスキルのひとつです。
ただ、どういう理由で借金出来たのかは理解しておく必要があると思います。

・不動産事業の運営力が評価された
・物件の収益還元力が評価された
・物件の積算価格による担保力が評価された
・サラリーマンとしての属性が評価された


何が評価の元になったかはその後の戦略に影響しますので理解しておきたいです。
お金のレバッジへの理解とともにお金へのマインドセットも正しく育成する必要がありそうです。

2億の借金で夜逃げした親父と、2億の借金で幸せを感じるわたし‥ -お金のレバレッジ-

2014-05-20 00:01:12.0

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたと、今日もファイナンシャルリテラシーについて考えてみます。

1983年 当時52歳だった親父は 2億の借金を作り、夜逃げしました。
精神的にも追い込まれ、眠れずに睡眠薬に頼る日々でした。

お金に振り回され‥
2014年現在、57歳のわたしは2億の借金がありますが、とても毎日が充実しており、もっともっと借金したいと活動しています‥‥
この違いは何でしょうか?

わたしが2億の借金でも平気なのはその借金が不動産投資で、自分で返していないからです。
入居者の皆さんに家賃という形を通じて返済してもらっています。 (ブラボーーー!! \(^o^)/)
投資に対するリターンとして家賃を通じて返済している訳です。

一方父親の借金は、そもそも運転資金が主体で何も生み出していませんでした。
危ないスジの人からの借金もありました‥

この2つが正に 悪い借金 と 良い借金 の見本になっています。
どうやら親父には2つの違いに対する理解が無かったようです‥

レバレッジには3つの種類があるというお話をしました。
1)知識、人のレバレッジ
2)時間の  レバレッジ
3)お金の  レバレッジ

 

■お金のレバレッジ


3つのレバレッジのうちお金のレバレッジは「他人のお金を使って利益を上げること」です。
つまりお金のレバレッジにおける他人のお金が 良い借金 ということです。

事業というものは投資をしてリターンを得る経済活動ですが、手持ちの資金だけでビジネスをすることはとても堅実ですが、逆にビジネススピードには欠けてしまいます。
事業拡大のスピードを上げるためには借金というレバレッジを上手く使うことが必要になります。

例えば15%利回りの戸建てを500万円で現金買いすると、75万円の家賃収入が得られます。
同じ500万を自己資金として10%利回りのアパートを5000万でローンを組んで購入すると、ローン返済と管理経費を除いた実質利回りが2%程度ですから、手残りは100万円になります。

たった25万の差? に見えるかもしれませんが、ローンには元本返済部分が200万円程度あります。
元本返済は、200万円ずつ返済することによりその分の不動産という実物を手に入れているという
実物貯金の側面があります。(市況により実際の価値は不確定ですが)

この実物貯金を入れると 300万円vs75万円 となり実に4倍の差になります。
このビジネススピードの違いは大きいです。

無論借金には、返せなくなるというリスクもありますので無条件に勧めるわけではありません。
わたしの場合、51歳からの投資デビューだったので多少貯金はあるものの、「時間が無い」という制約がありました。
そのためにローンで投資を拡大してきた訳です。

わたしのように
・短期間で資本蓄積する必要がある  または
・自己資金が少なく、有る程度の蓄積までリスクを取る必要がある 方は
ある時期レバレッジをとるのも大いに有り、と思います。
(FXや株の信用取引はリスクの方が大きいとは思いますが‥)

所属している投資サークル ふどうさんぽでは、最近はローンを組まず堅実に戸建てから資産形成を狙う人が多いです。
若い方はそんな低リスクで時間を掛けた戦略も可能です。 (あぁ羨ましい‥ (>_<))

年齢やポジションに合わせて戦略を組み立てる必要があるという事ですね。
みなさん、良い借金と悪い借金の違いを理解し、正しくお金のレバレッジを使いこなしましょう!

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

Webディレクター
AFP+個人投資家
自立! 能動! 自由闊達! 年齢不問!

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ