年を取ると時の流れを早く感じるのはナゼ?   -時間価値-

May 13, 2014

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブなシニアになりたいあなたと、今日もファイナンシャルリテラシーについて考えてみます。

前回は時間のレバレッジについてでしたが、今日は時間価値について考えてみました。
時の流れ

年を取るとどんどん時の流れが早くなる感じがします。 気が付くと、昨日は子供と思っていた娘の身長がもう今日は女房に追い付きそうです。
バイトや麻雀に明けくれた学生時代はあんなに毎日が長く感じていたのに‥
これは単なる錯覚なんでしょうか??

ビジネスで使用する5大資源(リソース)というのがあります。
人、 物、 金、 情報、 時間 と言われますが、一番大事なのは時間だといいます。

お金で買えない数少ないもののひとつで、誰にも増やすことはできません。
貧乏人にも金持ちにも、年寄りにも若者にも、時は等しく流れて行きます。 う~ん、なんて公平なんでしょう‥

人生を80年として見ると、20歳の人に残された時間は約60年。1年の重さは1/60という計算になります。
もうじき60歳になるわたしにとって残された時間は約20年。 1年の重さは1/20 です。
(あぁ、なんて少ないんでしょう…… いやいや、まだ20年もある、と言うべきですね~)
20歳の人に比べて3倍の価値。 3倍の密度で流れていることになります。

実際には1日24時間全てが使える訳ではありません。
会社員としての拘束時間10h、睡眠時間6h、通勤時間そして家庭に4h‥
しなければならないことが決まっている時間ばかりです。
何をするか自分で決められる時間は残り4.0hという所ですね。

学生時代は学校に多少拘束はありますが、2倍の8.0hはあったんじゃないでしょうか??
自分で使える自由時間が2倍、密度が3倍ですから  2×3 で6倍です!
なるほど早く感じる訳です‥

時間がたっぷりあると感じられた20歳。 関心のある事は(男なら) 女の子、ファッション、遊び、アルバイト、ゲーム、旅行‥   あんまり有効に使っているとは思えません。
もっと時間価値を考えて、と言ってみても響くはずもありません。
何時の時代も 時間の無駄遣いは若者の特権です!
(むろんそれはそれで貴重な時間ですが)

過ごしてきた時間との対比でいうと
20歳からみた残る60年は 自分のそれまでの人生の3倍
60歳からみた残る20年は 自分のそれまでの人生の1/3
相対感覚としては9倍の価値に見える計算になります。

相対感覚で9倍、自由時間密度で6倍ですから、時の流れを早く感じるのも無理はありません。
同じ1日でも20歳と60歳では時間の単位価値が異なるようです。

サラリーマンを辞めて独立した人の話を聞くと、自分で何をするか決められる時間的自由がサラリーマン時代との最大の違いだと言います。 起業すると自分で使える自由時間が2倍、3倍になる‥

加速する時間の流れを少しだけ取り戻すのが「起業」なのかもしれませんね。
時間価値と使い方‥ たまには考えてみる必要がありそうです。

学習効果を高めるたったひとつの方法

Apr 13, 2014

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
今日は投資のスキルを上げる秘訣について考えてみたいと思います。
日本ファイナンシャルアカデミーで不動産投資の勉強をしている時のことです。

講師の束田先生から「卒業生でなんと約30%の人が物件購入に成功しています!」という話がありました。
この30%の購入率というのは非常に高い数字ですが、逆に高額のアカデミーに通う購入意欲の高い人ですら70%もの人が買えていない‥ ということになります。

本格的なアカデミーとまではいかず、なんとなく不動産投資ってよさそうかも‥と考えてひとりで書籍を読んだり、無料のセミナーに参加しているして人はもっと大勢います。
おそらく物件購入にたどりつく人は1割くらいではないでしょうか‥??

この 成果を出せる1割と 成果を出せない9割を 分けているものはなんでしょうか??
どうせなら成果を出せるグループに入りたいですよね~

2棟目を買った時に、仲介業者さんに言われました。
「探し始めて、買う人はだいたい半年位で買うんですよね~ 買えない人は何時までたっても買えないケースが多いんですよ~」

今はネットを含めて情報過多の時代です。
金融投資でも不動産でも色んな書籍や無料のセミナーやブログが溢れています。
(わたしのこのブログもその一つでした‥! )^o^( )

なにかを始める時、まず「学習」が必要なことにみなさん異論はないと思います。
書籍を読み、関連するイベントやセミナーに参加してみる‥  ごくまっとうな方法です。
わたしもそうでした。

不動産投資であれば、物件選択に始まり融資交渉から減価償却と損益計算。空室対策に税金対策。
非常に幅広い知識が必要となります。高額でリスクもありますから事前の研究と慎重な取り組みは必須です。

学習曲線というものがあります。
学習曲線

スキルアップは決して勉強量とともに一直線で上がっていく訳ではなく、階段状に伸びて行きます。
この階段を上がっていくためのエンジンが「学習」で、このエンジンを吹かすガソリンが「実践」です。
立派な排気量のエンジンがあってもガソリンが無くては登ることはできません。

「セミナー貧乏」という言葉をご存知でしょうか?
学習ばかりで実践する決断力の無い人のことをさす言葉です。

・セミナーは受けたけど、具体的に、何をすればいいのか分からない。
・セミナーを受けて成長した気にはなっているが、何の行動も変わっていない。
・どんなタイミングで、何時から始めていいか分からない。

いくら本を読んでも、書いてあるのは「著者にとって成功してきた道筋」です。自分にとっての正解かどうかは分かりません。
読めば読むほど混乱して、一歩踏み出す自信がなかなか持てません。
何を隠そう、わたしもどちらかというと「セミナー貧乏」であまり行動が伴わないタイプです……… orz  (あぁカミングアウトしちゃいました!)

残念ながら、机上で分かったつもりになっても実践し体験してみないと、本当のところは分かりません。

わたしも2棟目を買うときは、大きなローンだったことも有り、散々迷っていました‥
無論、事前に何度も損益をシュミレーションし、ある程度の成算はあるつもりでしたが‥
決して100点満点の物件ではありませんでしたが(今だったら買わないと思います)、ここが進むべき時と感じていました。

結局、大きなローンを組んで買うという決断をし、一歩踏み出しました。
滞納や管理変更という苦労もありましたが、それを乗り越えることが自信につながって行きました。
踏み出してみるとそこにはサラリーマン兼業大家業という違った世界が広がっていました。

本に書いてあったことが、リアルな現実として分かってきます。
あぁこういう意味だったのか‥  なるほどこの事を書いてあったんだ‥
理屈ではなく、体験してみて初めて身に沁みることばかりです。

心底、買って良かったと思います。
自分自身が大きくスキルアップした実感があります。
学習効果を高めるたったひとつの方法とは、「やってみること」です。
大きな失敗を避け、小さな失敗の実践と学習の繰り返しです。

むかし寺山修二という人が「書を捨てよ、町に出よう!」と言いましたが
今ならこう言うと思いますよ。
「さぁ、ネットを捨てて街に出よう!」

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

合同会社モンテリーブロ 代表
資産形成、資産運用専門FP
Webディレクター

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

不動産投資収支シミュレーション

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ