進みだした借金返済。 とはいえ、2億のゴールは遠かった…。

2016-05-09 23:06:09.788

こんにちは、人生は50代からがもっと楽しい!不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

1983年、26歳のサラリーマンのわたしが借金から逃げ出した親父に替わり返済する
親父の夜逃げシリーズ(8)です。

なんとか市街化調整区域にある田畑をうまく売却すべく動き出しました。

売り方としては
・田としてそのまま売る

または建築を前提とすると、都市計画法第34条によれば市街化調整区域で可能なのは・・・
・農作業場や農家の自宅
・大学,研究所等で開発審査会を経たもの
・大規模流通業務施設、老人保健施設、有料老人ホーム等

まず着手したのは近隣農家へのアナウンスや地元不動産業者への売却依頼。

■田としての販売

当時、農家で実家を継ぐ長男以外の兄弟の住居を親が面倒を見てやるのはよくある話でした。

ただ、これは自己所有の田畑に建てるのが一般的。新たに購入しての建設では土地代分のコストが余分に掛かります。
つまり、このパターンでは価格が折り合わず、買い手は見込めません。

・・・ところが不動産会社の紹介で買い手が現れました。

(*)確か売価は 700㎡(田んぼ1枚) × @1.8万円 =1260万円程度
宅地並み@9万円とは行きませんが、田としての評価額200万円に比べれば御の字、妥当なところ。

田としてはペイしませんが将来の宅地化を当て込んでの購入だったよう。
(実際には33年後の今も宅地化は進んでいません。買った人は当てが外れているかも)

(*)取り急ぎ販売したのは田んぼ6枚(約700㎡×6)
総額で約8000万円でした。

当時の長期譲渡所得の税金が20%。プラス住民税で、計25%が税金でした。
みなし取得原価が5%なので、課税対象は売価の95%。
(8000×95%)×25% で 税額なんと1900万円!

驚きの税金です。
何とかせねばと節税に工夫するのは後日の話・・・

まだ足りませんが大きな一歩を進みだしました。
少しずつ灯りが見えた気がします。

■悪魔か救世主か?

この頃、山本家の窮状を聞きつけた支援者が救世主(?)として現れました。
近隣では少しは名前の通ったD建設のN社長です。
それほどの規模ではありませんが数十名の従業員がいたはず。

逃げたとはいえ近所に住んでいた父親に連絡があった様で、面談することになりました。

実家の応接代わりの8畳の和室に集合です。
テーブルを挟んで正面にN社長、こちら側にH叔父とわたし。
やや後方に父は小さくなっています。

N社長は筋肉で引き締まり、長身で浅黒く日焼けした風貌。
細身ながらも骨太のごつごつした印象で、負けん気の強さを感じました。

「山本さんのことは商工会で存じ上げとる」
「借金で大変だと聞いた。このままでは、先祖代々続いた山本家が無くなる」
「そんな残念なことは無い。なんとかせなあかん」
野太い声で話します。

「山本さんが可哀想でかわいそうで・・・ わしも経営者やから、よう分かる」
おいおいと声をあげ涙を流すN社長。父も黙りこんだままうつむいて、涙ぐんでいます。

「悪いようにはせん。わたしがお手伝いしたい」

生まれて初めて、大の大人がおいおい泣くの見て驚きました。

「申し出はありがたい。いろいろ考えさせて欲しい」
H叔父の言葉で、面談はひとまず終了。

N社長が帰ると、N叔父は
この話は危ない。あの人には何のメリットも無いのにおかしい」
「あんな話を信じたらだめや。騙されて、ぜんぶ取られてしまう」
ときっぱり。

結局、自分たちで何とかしますから、とお断りすることになりました。

N社長の真意は分かりませんが、
その後D建設は程なくして倒産してしまいました。

親父とわたしだけなら「イエス」と言っていたかもしれません。
藁をもすがる気持ちでしたから。

騙された人がなんども同じ目に合う、その気持ちが分かる気がします。
瀬戸際の人間が冷静に判断するのは困難です。

■町役場のスパイ 見張るのは・・・

少しずつ返済活動を始めましたが、最初に手こずったのは「印鑑の確保」

当初、親父の居場所を突き止め実印を預かりました。

なにしろ財産の名義は全て父です。
取引は全て所有者である父親の名前でやる必要があります。

父親の財産を継続的に処分できる委任契約、信託契約という手法もあったのかもしれませんが
当時はそこまでの知識はありませんでした。

色んな取引のため、町役場に印鑑証明をもらいに行きました。

札束と判子

職員が不思議そうに、
「もうこれ、実印じゃないげんけど・・・。他の判子に代わっとるよ」
これには驚きました。

父は一旦は実印を手放したものの、自分に財産や拠り所が無くなることに不安を覚えたのでしょう。
こっそりと実印を変更したのです。

元の印鑑が無くても変更はできるんですね。

身分証明の書類が必要ですが、なにしろ本人ですから。
本人確認も役場の人が「山本なにがしである」と認定すればいいわけです。
狭い町ですから、役場の人もみんな顔見知り。

実印が三文判でも登録できることを知ったのはこの時。

せっかく預かった実印が知らない間に無効になる。
これには困りました。

ここで役に立ったのが町役場のスパイ。
仲の良い同級生が就職していたのです。

親父が役場に現れると、すかさず電話が入ります。
「おい、親父が来たぞ!」と同級生。
(当時は携帯もなく、連絡は大変でしたが)

あわててその夜、親父を尋ねます。
「頼むから実印を元に戻してくれ」
「せっかくの返済が上手くいかんがや」
必死に頼み込みました。 これはちょっと情けなかった。

なんとか説得して実印が元に戻りました。

そんなドタバタの中で、今度は墓地公園の話が舞い込みました。
この話、続きます。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。
個人的な話ですが、読んでもらえると嬉しいです。

(*)執筆時点で記憶違いが有り、各金額が間違っていました。本文は既に修正済みです。

記事コメント

投稿日:

2018-12-12 01:44:59.77

承認待ち

コメントを投稿する

* 投稿者名
タイトル
* コメント
メールアドレス
サイト管理者にのみ通知されます
非公開コメント

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

Webディレクター
AFP+個人投資家
自立! 能動! 自由闊達! 年齢不問!

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ