年金の繰下げ受給はどれだけお得か? 正しくデータで考える

Dec 30, 2019

人生はわくわくとドキドキで出来ている! サラリーマン上がりの運用相談専門FPやんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

「不動産投資の誰も言わない真実シリーズ」も一段落、これからは金融関係をと思っていた矢先、知人との会話で年金の繰下げが話題に。そこで今回はこのテーマを取り上げます。

現在、老齢年金は65歳支給ですが、最大70歳まで繰下げが可能で、その繰下げ月数に応じて支給額が加算されます。

増額率は、繰下げ月数×0.7%、70歳まで繰下げると最大42%の増額

「42%は大きい。4年で元が取れんじゃん。使わない手はないよ!」とは知人の弁。
(繰下げ総額 100×5年 ÷ 加算年金額 142 =3.52年)

確かに4割以上の増額が一生続くとなると、とってもお得な気がします。 でも本当でしょうか…?

一見なるほど思えることでも、正しくデータで考えてみる必要があります。「ほんまかいな精神」が大事。

色々調べてみました。
まずこの支給額は額面であり、手取り額ではありません。70歳時点の支給額は公的年金等控除はあるものの、課税対象となります。
つまり丸々42%が加算される訳ではないということ。

何より最大の疑問はこの計算では「生存率」が考慮されていません。

ということで、
2015年第22回生命表を使って計算してみました。

■ 65歳支給と70歳支給の比較

生命表に基づく年金受給額試算

生命表に生存数がありますので、65歳を起点として生存率を計算します。
(65歳時点でどちらかを選択するという想定)

年金の支給額に生存率を掛けて実支給額とし、65歳支給と70歳繰下げの支給を比較します。そして、繰下げた場合に、支給額が累計繰下げ額をいつ上回るのかみてみます。

表は男性での試算ですが、85歳時点でようやくプラスに転じるのが分かります。
つまり5年繰下げると元が取れるのは4年後ではなく、20年後(85-65)なんです。
(まあ、あくまで生存率を加味した平均という意味ですが)

実際やってみて愕然としたのは85歳の男性の生存率が50%! ということ…。
ぼんやりと女性よりは短命とは知っていても、この数字を見ると考えさせられるものがあります。

表にはしていませんが、女性の場合は生存率が男性より高いため82歳でプラスに転じます。
85歳の生存率は73%です。男性とはずいぶん違いますね。

■ 繰下げの実際は?

総支給額を見ると男性は7.2%の増加。女性は13.6%の増加です。

総支給額が増加するということは、年金財政側が棄損することを意味します。
では、繰下げで政府の負担は増えるのでしょうか?

実は繰下げ制度は、加算もありますが逆に減少するものもあります。

1)繰下げによる待期期間の加給年金や振替加算
2)在職老齢年金の支給停止部分
3)特別支給の老齢年金

などです。

2)には救済として支給調整などもありますが、そもそも繰下げ申請は老齢基礎年金と老齢厚生年金とで別々に行うこともできます。老齢基礎年期は65受給とし、老齢厚生年金は70歳受給とする。
なんていうことも可能です。 うーーん、ややこしい。

自分で支給額を正しく計算することは結構難しそうです。年金の繰下げを検討する場合は、社会保険庁などで確認することがお勧めですね。

このように複雑な制度の繰下げですが、政府の本当の狙いは別にあると感じます。

繰り下げ期間(待機期間)の雇用創出と納税。 これが本当の狙いだと思います。
繰下げれば、その期間はどこかで働くことになるでしょうから。7.2%や13.6%の支給増加を補って余りあるのではないでしょうか?

無論、働くことは悪いことではありませんし、健康ならば定年無しで働くことがこれからの時代の趨勢でしょう。わたしもFPとして働いています。

この様に正否を判断しにくい繰下げですが、その他にも考慮すべき重要なことがあると感じます。

[1] 高齢になると使わない

2016年厚労省調査で男性72.14歳、女性74.79歳となった健康寿命。
いわばこの年齢までが豊かに楽しく使える期間ではないでしょうか?

これ以降は介護費、医療費が中心で娯楽や交際費、贅沢品には使わなくなります。わたしの周りをみてもこれは実感です。

介護費、医療費が不安という場合もあるでしょうが、介護保険制度や高額療養費制度もあります。それなりの貯蓄があれば過度に恐れる必要はありません。

お金を使わない高齢期に備えるのではなく、むしろ健康寿命の間に楽しい時を過ごすためにお金を使う。こんな考えがあっていいと思うのです。

もう一つは類似の考え方ですが

[2] 繰下げ金額の現在価値での評価

資産運用においては時間や割引という概念はとても重要です。

将来受け取る金額を割引率を使って現在価値に修正するべきでしょう。
つまり、5年間繰下げた額は100×5年の単純な500ではなく、割引率を考えるとその価値はもっと大きいということ。

健康な65歳からもらう500は、健康かどうか定かではない70歳以降の500とは異なります。
割引率が15%なら575に、20%なら600に相当します。
(率は個人や考え方によって異なるでしょうが)

ましてや65~70歳の5年間は貴重な健康寿命内の5年間です。

考慮すべきことの多い年金の繰下げですが、これらを考えていくと必ずしもお得とは限らないというのがわたしの結論。 貰えるものはもらって働きたいなら働く、これがお勧め。

個々人の状況は異なります。
俺は健康だし長生きしそうだから繰下げが得になるはず。答えは人それぞれかもしれません。
あなたはどう考えますか?

繰下げするべきかせざるべきか、それが問題だ…。

どちらにしても、正しくデータに基づき判断したいもの。表面的なメディアの数字に惑わされてはいけません。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回からは資産運用について語っていく予定です。

退職金でローン返済をする?、しない? あなたはどっち!?

Dec 4, 2015

こんにちは!50代であわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

前回、 「覚えておきたい老後資金のキモは3000万円」 というお話をしました。
実際には、みなさんこの水準に達しているんでしょうか?

各種統計によると達成者は25~30%といったところのよう。
一方、1000万円以下の人がは45%程度です。半分近くの人が大幅未達。
「将来、大丈夫なんだろうか?」
不安に思うのは仕方がありません。

「下流老人」という、どきりとするタイトルの本がベストセラーになっています。
ネットを見ると、出るわ出るわ・・・
老後貧乏老後破産・・・不安を煽る恐ろしげな言葉ばかり。

どんな対策をすればいいんでしょう?

年金生活者は稼ぐ力が無いので、住宅ローンがあれば重荷になります。
35歳で35年ローンを組むと、完済年齢は70歳。
60歳定年とすれば、まだ10年もあります。

そこで、退職金で住宅ローンを繰り上げ返済し、
リスクを低減しましょうという意見があります。

これは本当でしょうか?

定年時に住宅ローン残がある場合、3つの対応があります。

1)繰上げ返済(一部、または一括)
2)借り換え (含む金利交渉)
3)継続返済

1)を多くの「老後の教科書」が推奨しています。

確かに繰り上げ返済すれば、多くのメリットがあります。
・総支払利息が軽減されます
・返済期間の短縮ができます
・以降の生活費の低減になります

一見、良さそうですがデメリットもありそう。
・手元資金が減少します
・投資運用益の放棄を意味します

メリット、デメリットを比較する必要があります。
まずは、ローンの金利が何%なのかが問題。

20151204074632

わたしが2008年に借り換えたときの条件は10年固定で2.15%。
すでに低金利時代だったので、かなり低い水準です。

わたしのように、既に借り換えた方も多いはず。
1990年代のような高金利ではありません。利息負担も随分減っています。
多くの「老後の教科書」が心配しているほどの金利ではありません。

とすると、投資運用益がこれを上回れば、投資に回す方がいいはず。

あなたのローン金利が2%程度であれば、返済に充てるのではなく
3~5%のリターンを狙うという選択肢もありそうです。

金利と投資スキル次第では、3)返済継続 という選択肢もありそうです。
(投資スキルは定年前に磨いておきましょうね!)

定年後も再就職ができる、または、配偶者の収入が見込める方も
一括返済せずいざという時のため資金を残すという選択肢も有りです。

50代の払える間にはどんどん払って、残高を減らすという選択肢もあるでしょうが
定年後には安全を取り過ぎて、投資という機会損失をしてしまうのもつまりません。
じっくり考えて 1)~3)を考えたいもの。

わたしはボ-ナス払い分は退職金で一括返済し、月次払い部分は継続の予定です。
残金は投資運用に回したいと思います。

インフレになれば貯金も目減りします。
年金も実質的な減額となります。
インフレに負けないためにもきちんとお金にも働いてもらわなきゃ、です!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

覚えておきたい老後資金のキモ、3000万円の貯金と4%ルール!

Nov 30, 2015

こんにちは!50代であわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

先日、こんな記事を目にしました・・・「『老後に1億円必要』は本当か?」
どきりとする数字ですね。1億円!

・・・・・・結論的にいうとこれは本当です。

細かな条件はさておき、例えば
30万×12ヶ月×30年=10800万円 となります。
「老後に1億円必要」がまんざら嘘ではないことが分かります。

ただ、ここには公的年金や退職金などのもらえるお金が入っていません。
夫婦の年齢や現役時代の給与によっても違いますが、
もらえるお金はざっくり 7000万円程度です。
(例えば、年金額(夫15万+妻5万)とすると×12ヶ月×30年=7200万円)

なので、
老後に必要なお金   =約1億円
老後にもらえるお金  =約7000万円
自分で用意すべきお金 =約3000万円 です。

この約3000万円が定年時に持っておくべき貯金となります。
退職金が1000万円出るなら、差し引き2000万円の貯金があればいいことになります。

意外といけそう? それとも厳しいですか?

これは、あくまで概算なので
自分に当てはめる場合はもう少し精度を上げる必要があります。

①年金はいくらもらえるのか ⇒厚生年金なのか国民年金なのか・・・
②どんな暮らしをしたいのか ⇒節約型かゆとりのある暮らしか・・・
③家族構成(定年以降)は   ⇒ご夫婦の年齢差やお子さまは?
④経済的アクシデント状況は ⇒病気、ケガ、親の介護などは?

①~④はみなさん、千差万別です。
万人に共通の正解はありません。

ただ、色々シュミレーションしてみましたが
3000万円という数字はなかなか妥当性があります。

以前、 毎月分配型投信の事実(2) で紹介した米国式4%ルール。
定年時の貯金額の4%を毎年の取り崩しの目安にしましょう、というもの。

3000×4%=120万円=10万円/月
これは、貯金から毎月10万円を年金に補填して生活するイメージです。
少しゆとりある生活をするためにはこの10万円の加算が大きいです。

そのまま取り崩せば25年で使い切る計算。60歳定年なら85歳で貯金0です。

高齢化が進む中、85歳以上まで長生きすることはありそうです。少し足りないかもしれません。

ただ、投資運用で少しはお金に働いてもらうことは出来るはず。少し検証してみましょう

1%~3% で運用したときに、毎年120万円使いながら
いつ枯渇するのか試算してみました。

20151130172239

(あくまで年単位の概算 (年初残高-120)*運用利率=翌年残高)

1%で運用した場合には29年目で枯渇します。
2%での運用では35年目で枯渇
3%での運用では簡単には枯渇しません。40年目でも466万円の残高です!

インデックス投資でも3%~5%程度のリターンは狙えるはず。
3000万円がかなり安心できる水準であることが分かります。
(高齢になれば生活費も減るという考え方から、2000万円でいいという説もあります)

あなたの①~④の状況に合わせて、この数字を適用してください。
個々人で異なるとはいえ、覚えておくべき数字です。

60歳時点で、貯金目標3000万!! これです。
(退職金はおまけと考える)

ただ、投資スキルの向上には5年~の期間が必要です。
定年後に慌てて投資を始めると、
損ばかりして運用で期間確保どころか期間短縮で15年で枯渇! なんてことにならぬように・・・ ご用心。
お金の知恵が必要ですよ!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

合同会社モンテリーブロ 代表
資産形成、資産運用専門FP
Webディレクター

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

不動産投資収支シミュレーション

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ