積立NISAを大調査(2) 誰も言わない銀行の本音!

2018-03-09 13:53:01.809

人生はわくわくとドキドキで、できている! 個人投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

前回の「積立NISAを大調査(1)」を書いてから随分と間隔が空いてしまいました。(;^_^A

下書きはしてあったものの、私事が多忙となり手を付けられませんでした。m(__)m
さて、いよいよお待たせの商品ラインナップのお話です。(えっ! 誰も待ってない…?)

■楽天証券の積立NISA

積立NISA_楽天201803
「楽天証券:積立NISA商品数別ランキング」

まずは楽天証券の販売商品と運用会社を見てみました。
その数、21社129本!

かなり豊富な商品数で、上位には投資信託ではお馴染みの顔ぶれが並んでいます。

eMAXISシリーズで定評のある三菱UFJ国際投信、近年の手数料値下げ合戦の火蓋を切ったニッセイアセットマネジメント、SMTシリーズで有名な老舗の三井住友トラスト・アセットマネジメントです。

三社には「積立なら俺に任せろ」という意気込みを感じますね。

投資信託の大きな選定基準となる年間の管理料にあたる「信託報酬」。
eMAXISシリーズとSMTシリーズは業界最安値の信託報酬で、投資家の間では良心的な商品として有名でした。

そこに、ニッセイアセットマネジメントが2015年11月から更に安価な信託報酬で殴り込みをかけ、革命的ともいえる「信託報酬値下げ合戦」が始まりました。

それまでは年間0.6%程度だったものが各社の競争の中、今では0.1~0.2%程度に下がっています。

今でもアクティブファンドの多くが1.0~2.0%程度の中、インデックスだからとはいえ、この安さは嬉しい限りです。

投資家には投信の基準価格を自分ではコントロールできませんが、コストは管理できます。
特に信託報酬は毎年かかる経費。この差は大きいです。

この三社にみずほ銀行系のアセットマネジメントOne(たわらノーロード)や、大手老舗系証券会社(野村、大和)が続いています。

7位の住友アセットマネジメントは三井住友DCシリーズという、確定拠出年金(DC)用商品を一般化した商品を販売しているよう。元々DCには積立に向いた手数料の低い商品が用意されていますので、納得です。

注目は16位のレオス・キャピタルワークス(ひふみプラス)です。

ここは、独立系アクティブファンドの成長株。
カリスマファンドマネジャー藤野英人さんの知名度や、群を抜く運用成績で躍進中です。

数年前はわずか200億円程度の運用資産だったものが、今や「ひふみシリーズ」で6000億円を超える規模!

ただ、人気沸騰で資産規模が大きくなり過ぎて、小型株などでは株価に影響を与え過ぎるため、銘柄選定が難しくなっているという懸念も指摘されています。

■マネックス証券の積立NISA

積立NISA_マネックス201803
「マネックス証券:積立NISA商品数別ランキング」

マネックス証券の品揃えは19社、121本。
こちらも豊富な品揃えで、顔触れは楽天とほぼ同じ。
アクティブファンドが別にまとめられているのが親切。

楽天にあるブラックロック・ジャパンと東京海上アセットマネジメントがないだけです。
(今後、追加されるのかもしれません)

ついでにもう一つ、主要ネット証券であるSBI証券もみてみましたが、こちらは21社、132本でした。

いずれにせよ十分な品揃えといえます。どこで買ってもいいでしょう。
(金融商品はどこで買うのかも重要です。興味のある方はGMOクリック証券などもご確認ください)

気になってメガバンクの品揃えもみてみました。
三井住友銀行をみてみると…

ありゃ!? なんとたった2社、3本だけ!

みずほ銀行もわずか3社、5本!

ネット証券とのこの差は何でしょう? 全くやる気が感じられません。店頭には仰々しくポスターが貼ってありましたが…。

「儲からないものは売りたくない」銀行の本音が透けて見えます。

これからはAI時代、仮想通貨も注目を浴びる中、ますます銀行不要論が台頭しそうですね。

■もしも積立NISAを買うなら

わたしは既にNISA運用中のため積立NISAは買えませんが、もしも今から買うならどうするか…? 考えてみました。

①投資方針を決める
まずはざっくりとした、ポートフォリオを考えます。

・債権の組み入れ比率をどうするか?

積立NISAは株式をベースとしたインデックス系が中心ですが、債権を組み入れたバランス型も多いので、債権を組み入れる場合はこれらの商品を選択する必要があります。

今は債権金利も低いのであまり入れなくてもいい、というのがわたしの考え方です。
逆に、これから金利上昇局面なので今から入れておくという考え方もあるでしょう。

・先進国と新興国の比率を決める

先進国の安定性に重きを置くか、先進国の成長に期待するか、ウェイトを考えます。
日本株のウェイトも悩ましいところですね。この辺は長期トレンドをどうみるか、です。

先進国:新興国の比率を6:4とか7:3に割り振ります。
欧州や中国も先行き不透明。今後も米国が強いと予想しているので、日本株は少な目、米国株比率を多目にしたいですね。

・アクティブファンドを検討する

安定性ならパッシブ系(インデックス系)ファンドですが、少しはアクティブ系も入れてみたい。(3割程度?)無論、堅実なリターンを狙うなら入れる必要はありません。

②商品を選定する

基本方針を決めたら、商品を選択します。

・手数料、信託報酬の低いものを探す

積立NISAは一般商品に比べ、手数料の安価なものが選定されているので神経質になることはありませんが、それでも若干の差はあります。大手三社を中心に探します。(同じ指標を採用している同等商品が多いことには注意)

・運用残高が一定規模以上のもの(200億円~?)を探す

選定基準に合格した商品ばかりなので運用残高が少なくても、運用停止になるリスクはないとは思いますが、
残高が多いということはそれだけ指示されているという証でもあります。

最近組成されたものは運用資産が少なくても仕方がないので、これはあくまで参考にする程度。

商品選定で重要なのは直近の運用実績に過度にとらわれないことです。

過去の実績は参考にはなりますが、将来の成績を保証する訳ではありません。特に積立では10~20年スパンで見るようにしたいもの。

①や②が面倒な方はバランス型ファンド一本でも問題ありません。個人的には世界経済インデックスも好きです。構成に特徴を持たせたファンドもありますので、この辺はお好みで。

③時々見直す(基本はじっと辛抱)

わたしが買うとしたら、ポートフォリオはこんな感じ。(2018/03時点)
先進国 40%(日本株少な目)
新興国 30%
アクティブ 30%
債権は無し
(月額3万6000円程度なので、端数は神経質になる必要はないかもしれません)

口座に入金して積立設定したら、後は基本ほったらかしです。1年~1年半に一度、見直すくらいで十分でしょう。
無論、世界経済の大きなトレンドに変化がなければそのままでも問題ありません。

大事なのは、相場が下がっても買い続けることです。
多くの人はこれができません。

積立は相場が下がった時もじっと買い続けることが肝要です。下げ相場なら、同じ金額でより多くの口数が買えるのですから。

2018年3月の今は相場が調整局面ですが、逆に始め時ともいえます。

年間40万円では投資額が少な過ぎると思う方は、税制優遇はありませんがこの手順で普通に対象商品を積立で買うのもいいかも。

ほったらかし投資術の甘い罠」では、大人の事情で具体的商品名には言及できませんでしたが…。
参考になりましたでしょうか? 何か少しでもヒントになれば幸いです。

さあ、あなたも積立投資を始めてみませんか? きっと堅実なリターンが待っているはず。
今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます。
(本記事はあくまで個人的な見解です。実際の投資については自己責任でお願いいたします)

積立NISAを大調査(1) お勧めできる、なるほど納得の商品選定基準!

2018-01-22 13:36:41.622

人生はわくわくとドキドキで、できている! 個人投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

いよいよ2018年に入り、積立NISAが始まりました。
わたしの「ほったらかし投資術の甘い罠」でも書いたように、インデックスファンド(指標連動型投資信託)の積立が投資の王道です。リスクを抑えつつ、3~5%の利回りを狙います。

その投資の王道を、とってもお得に実践できるのが積立NISA。株価が上がれば価値が上がって嬉しく、株価が下がれば口数が多く買えて嬉しい「ドルコスト平均法」を地でいくものです。

さてさてどんな内容か? これはチェックせざるを得まい!
どの会社のどんな商品がラインナップされているのか…? わくわく。

積立NISAガイドブック
(出典:金融庁 つみたてNISA早わかりガイドブックより)

■積立NISAの商品タイプ

そもそも積立NISAは、金融庁の推奨する長期・積立・分散投資の考え方にのっとり、従来のNISA(少額投資非課税制度)をより長期で積立に特化したものです。

これまでのNISAの対象商品が上場株式、投資信託、ETF等だったのに対し、変動の大きい個別株式を除外し株式投資信託、ETFに絞っています。

期間もNISAが5年間だったものを20年に拡大。その代わり金額はNISAが年120万円ですが、年額40万円までと絞っています。
いわば若い方が長期的にコツコツと資産形成ができるように設計されたもの。

20年あれば積立累計額は800万円。
概ね二倍程度になることは期待できますので、最終金額は1600万円!
40歳から始めても、60歳の定年時には1600万円をゲットできる、しかも運用益は非課税というありがたい制度。

金融庁の資料によると、積立NISAは3種類の商品に分類されています。

 1)指定インデックス投資信託
 2)その他の投資信託
 3)指定インデックスに連動したETF

1)は、金融庁が指定する各種インデックス(指標)に連動した投資信託。指定されたインデックスは日本株のものとしてはTOPIXや日経225。海外株式としては、FTSEインターナショナル、モルガンスタンレー、ブルームバーグといった著名会社が設定しているものが指定されています。いずれも定評のあるものばかり。

対象も先進国株式、新興国株式などをまんべんなくカバーしており、REIT(不動産投資信託)指標なども採用されています。その数は約50種類と幅広いもの。

2)は、インデックスだけではなく債券を組み合わせたものや、アクティブ投資信託(独自の運用方針により、インデックスより高いリターンを目指すもの)から選ばれるもの。

3)のETFは、上場投資信託と呼ばれ、1)を買い易くし、流動性を高めたもの。とても優良な商品ですが、日本版では種類が少ないことや積立の仕組みを持つものがないため、調査時点では実際の該当商品はありませんでした。
(投資家では海外版ETFをドル建てで持つ人が多く、わたしもいくつか持っています)

■積立NISA商品の審査基準

前述の1)~3)いずれも、金融庁の厳しい審査基準があり、長期・積立・分散投資に向いたものが選ばれています。

主要な選定要件は3つ
・信託契約期間が無期限又は20年以上であること
・分配頻度が毎月でないこと
・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

長期運用を目指すもので、複利効果を発揮できる過度なリスクを避けた商品という意味です。
上記以外にも、商品タイプ別に細かく条件が定められています。

1)に対しては、販売手数料は無料であることや年間の管理料である信託報酬にも厳しい上限が設けられています。
金融商品のリターンは自分ではコントロールできませんが、コストは選択可能です。
この低金利時代。よりコストの低い商品を選ぶことは重要です。

2)に対しても、同じく販売手数料は無料。指定インデックスと連動ではないアクティブ系のややリスクのある商品もありますので、歯止めとして純資産額50億円以上、且つ信託開始以降5年経過などの条件が付加されています。

純資産額はもう少し大きい方が安心できる気もしますが、この分野ではそれほど大きな純資産を持つファンドは少ないので仕方がないところですね。

こうやって厳しい審査基準をクリアしたものが販売されています。
なるほど、この条件なら長期・積立・分散投資に向く「良質な投資信託が選ばれた」といっていいですね。納得です。

事前審査で金融庁が市場で販売されている投資信託約5400本を査定したところ、合格したのはわずか1%だったという驚きの報道がありました。(つまり市場で販売されている99%の商品はゴミだった⁉)

そのわずか1%の優良品が積立NISAにラインナップされているんですね。
これなら自信を持ってみなさんに勧められそうです。
(残念ながら、わたしは既にNISAをやっていますので、自身では購入できませんが…。)

2017年3月に金融庁が発表した方針「顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する原則」に嘘はなかったようです。
森長官、流石です! 天晴れです!

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます。
この大調査、まだまだ続きます。
次回は各証券会社の具体的なラインナップをみていきます。

ちょっとガッカリ…誰も言わない個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の弱点

2017-02-28 20:08:53.772

人生はわくわくとドキドキで、できている! 不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

2017年1月から個人型確定拠出年金の加入対象が大幅に拡大され、愛称も「iDeCo(イデコ)」に決まり、注目を浴びています。

金融庁を始めとしFPや金融関係者も、ここぞとばかりにPR合戦の呈。

Webも充実してきました。
個人型確定拠出年金ナビ
国民年金基金連合会

わたしも、「専業主婦である女房向けにいいかも」と興味をそそられました。
ところが調べて、ちょっとガッカリ… 思わぬ弱点が…

今回は、誰も言わない個人型確定拠出年金の注意点をお話しいたします。

■個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは

個人型確定拠出年金は自営業、DC制度の未導入会社の社員に対しては、従来から存在してました。
ところが2017年1月から、公務員、主婦、企業型導入会社の社員まで加入者の範囲が拡大したことで、一気に注目されるようになったのです。

節税をしながら年金作りができるので、とてもありがたい制度。

今回新たに対象になった人たちの掛金の上限は
公務員  12,000円/月
会社員(企業年金無) 23,000円/月
専業主婦 23,000円/月

この個人型確定拠出年金に3つの大きなメリットがあるのはよく知られているところ。

1)掛け金の所得控除(節税メリット)
2)運用益非課税
3)受取時の優遇税制(年金控除or退職所得控除)

1)が個人型確定拠出年金の最大の特長です。

ん? これは所得税が安くなるってことだよなあ…生命保険控除や医療費控除と同じじゃん。
あれれ、女房は専業主婦だから控除しようにも所得がないからダメじゃん!

つまり専業主婦や所得税の課税限度内のパートタイマーは最大のメリット1)が活かせないのです。
残念!(無論、課税されているパートの方には有効です)

2)はNISAも同じ。

3)はありがたい制度ですが、制度趣旨としては当たり前でしょう。
主婦が60歳時にまとまって受け取ると、ご苦労さまという感じで嬉しいかも…

■誰も言わない個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の弱点

【弱点①】原則として60歳まで使えない

これは、あちこちで指摘されていますのでご承知と思います。
NISAと比較して、ここは大きな弱点。
趣旨が貯金ではなく、年金用なので仕方がありません。

注意したいのは、積立期間が長期にわたるため、停止処理や転職時がやっかいなこと。
特に、既に企業型の加入者は要注意です。

退職などで収入が下がった場合など、一時的に積み立てを止めることはできますが、その場合は運用指図者となり、残高が運用されるだけとなります。停止と復活が面倒。

企業型の対象者がDCの無い会社に転職した場合、個人型に移すことができますが、申請を怠ると自動移管といい、ただの預り金になります。この場合は運用もされず、もったいないことになります。

【弱点②】費用が高い

実はほとんどここが指摘されていません。
必要経費は色んな所で開示されていますが、記載のみで詳しい解説はありません。大人の事情でしょうか?

少し見てみましょう。

「加入時の手数料」
多くの金融機関が2777円です。若干、違う金融機関もあるようです。
これは初回きりなので大きな問題ではありません。
問題は毎月の維持費です

「口座管理費」
毎月の費用は各関係機関の手数料として次の4種類です。

 1.国民年金基金連合会  103円
 2.事務委託先金融機関(信託銀行) 64円
 3.信託報酬   商品により異なる
 4.金融機関管理費(販売元) 各行にて異なる(500円~が多い)

1.2.は各行共通で、最低でも103+64=167円掛かることになります。
小さな金額のようですが、なにしろ掛け金に上限があります。
上限額の23000円の場合で0.7%のウェイトです(167÷23000) 15000円の積み立てなら1.1%になります。

3.信託報酬は商品によって異なりますが、概ね0.5%程度

つまり1.+2.+3.で 最低コストが 1.2%~となります。

この低金利時代に1.2%の維持コストは高すぎます!
2~3%の運用益しか見込めないかもしれない時代………

iDeCoレッドカード

最後に、4.金融機関管理費(販売元)ですが、
2017/02現在、手数料を0円にしている金融機関は数社しかなく、ほどんどの金融機関が500円~の手数料です。
2%を超える手数料を更に払うわけです。合計で3.2%のコスト!これはいけません。

直接、自分でインデックスを積み立てれば1.2.4は不要で、3.の0.5%のコストだけでいいのです!
どんな節税メリットが有っても、運用益が見込めないコスト構造では意味がありません。

本当に普及を考えるなら、国基連部分を半額にするなど思い切ってほしいもの。
まだまだスタートしたばかりとはいえ、これでは加入者がかわいそう。

救いはコストが絶対金額のため、数年たてば運用額に対するウェイトが下がって比率が3.2%からどんどん小さくなること。*

うーーん、専業主婦の女房用にはイデコの活用は諦めて、2017年の税制改正で予定されている積立NISAに期待しましょうかね。
(DC制度の未導入会社の社員の方には、魅力はありますのでご活用くださいね *)

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます。
(*当初。ちょっと弱点を強調し過ぎたので2018/01/24に加筆しています)

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

Webディレクター
AFP+個人投資家
自立! 能動! 自由闊達! 年齢不問!

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ