投資家うんちくクイズ あなたは何問できる?

2017-11-26 16:31:02.274

人生はわくわくとドキドキで、できている! 個人投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

先日、投資家仲間の懇親会があり、出し物としてクイズをやってみました。せっかくなので、皆さんにもご披露。
問題は10問、回答は2択か3択です。
あなたは何問正解できますか?

20150807124335da8
■投資家うんちくクイズ(全10問)

Q1:かつてイギリスでは国策の貿易会社「南海会社」を設立し、国債との交換権付株式を発行しました。株価は急騰するも、その後十分の一に急落。これが世界で最初の「バブル」である。

 ○か×か?

Q2:利回り4%の時、複利運用すると元本は約18年で2倍になる。

 ○か×か?

Q3:厚生年金に加入の会社員は60歳の定年後、加入月数が480カ月に満たない場合、国民年金への加入が可能です。定額保険料に月400円を加算して支払う「付加年金」という上乗せ制度があり、老齢基礎年金に一定の加算がされます。
これはどの程度お得でしょうか? (3択)

 A:65歳以降どれだけ長生きするかによる
 B:5年程度で元が取れる
 C:2年あれば元が取れる

Q4:投資信託で人気の月次分配型。その分配は2種類に分けられますが、それは利益から出す「普通分配」と元本を取崩す「特別分配」である。

 ○か×か?

Q5:2016/6の調査によればNISA口座は約1000万です。うち、稼働率(実際に運用しているもの)は? (3択)

 A:なんと半分以下
 B:おおよそ50〜60%
 C:約70%程度である

Q6:株価と1株あたりの純資産の倍率をPBRといいますが、当期利益を総株式数で割ったものをPERという。

 ○か×か?

Q7:2014年から提供されているROEや営業利益を加味した株価指数は次のうちどれ? (3択)
 A:JPX日経インデックス225
 B:JPX日経インデックス400
 C:JPX日経インデックス500

Q8:投資の神様とも呼ばれるピーターリンチは株を6分類しています。
低成長株、優良株、資産株、業績回復株、急成長株と、殆どの大企業が該当する総額が大きい株式を何と呼ぶ? (3択)

 A:市況関連株
 B:バリュー株
 C:大型株

Q9:不動産の評価法には様々なものがありますが、主に使われる2種類は、路線価・償却を使った積算評価と収益力による収益還元評価である。

 ○か×か?

Q10:2017年に民泊新法(住宅宿泊事業法)が可決され、2018年6月から施行されます。
2016年の訪日観光客数は2400万人と急伸していますが、うち民泊最大手のAirbnbの2016年利用客は?

 A:約180万人
 B:約290万人
 C:約370万人

■解答、解説

なるほど_手をうつ

A1:×

1630年頃のオランダのチューリップバブルが世界最初といわれています。
1720年のイギリス南海バブルと、同時期のフランスのミシシッピバブルを合わせ中世の3大バブルと呼ばれています。

A2:〇
これは「72の法則」と呼ばれるもので、72を利回りで割った数字が元本が2倍になるおおよその年数を表しています。 

A3:C
付加年金をNヵ月支払うと支払総額は400N円。上乗せ額は 200円×支払い月数 なので=200N円
もらえる金額÷支払総額=400N÷200N=2 となります。支払期間に関係なく、無条件で2年で元が取れる制度です。とってもお得ですね! 

A4:〇
せめて「普通分配」と「特別分配」の違いを知ったうえで、月次分配型を検討したいものですね。 

A5:A
調査では、稼働率は46.5%だったようです。(2017年に50%を超えたとの報道有り)
銀行の勧めで口座は開設したものの…という人が多いんですね。
別の金融庁の査定調査では、日本の投資信託約5400本のうち、長期・分散に向くものは1%だったという報道もありました。つまり投資信託の99%はゴミ!? 

A6:×
問いはEPSのことで、PER(株価収益率)は=時価総額÷純利益 です。

A7:B
日経平均225やTOPIXでは総花的に構成銘柄を選ぶのに対し、「投資者にとって投資魅力の高い会社」を対象とすべくJPX日経インデックス400が創案されました。

A8:A
一般用語としては大型株と勘違いしますが、彼は「市況関連株」と呼んでいます。
時価総額が大きく、参加者が多すぎることから原則組み込みを回避するものとしています。

A9:〇
これはサービス問題。不動産投資を検討するなら、最初に学ぶべきことです。

A10:C
なんと訪日観光客数2400万人の15.4%にも上ります。この数は皆さん驚きだったよう。
これはAirbnbの利用者の9割以上がインバウンドの外国客で国内利用が少ないため、実感に乏しいのかもしれません。
この数を見るといたずらに反対するのではなく、「正しい業界育成」が求められているといえそうです。 

懇親会では5~6問の正解者が最も多く、最高は9問でした。
あなたは、何問できましたか?

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

『失敗事例に学ぶ「不動産投資」成功の教科書』刊行記念 講演会が開催されます!

2016-01-11 09:34:07.176

みんなの失敗事例を集め、みんなで作った初めての書籍。
『失敗事例に学ぶ「不動産投資」成功の教科書』 の記念講演会が開催されます。

ふどうさんぽ_失敗事例に学ぶ160

1.発生頻度や影響度を5つ★で表現した親切設計。
2.各事例は解決策とセット。どの部分から読んでもポイントを学べます。
3.購入、管理、売却、と投資ステージ別で、自分に合わせた学習が可能。
4.52の豊富な事例を掲載。高い網羅性。

講演会は三省堂書店 神保町本店。
当書店で書籍をご購入された方が入場できるようです。
たくさんの方に来ていただけると嬉しいです。お会いできることを楽しみに!

≪講演会情報≫
日時:2016年1月19日(火)19:00~
出演:御井屋蒼大さん 菅井敏之さん、私を含めたふどうさんぽスタッフ
会場:三省堂書店 神保町本店8階特設会場

■イベントのWEB受付は こちら

■イベント詳細は    こちら
(三省堂のイベント告知ページ)

新聞、雑誌を読まないあなたの脳はウニになる!?

2015-10-31 15:18:23.69

こんにちは!50代であわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

あなたは新聞や雑誌をどのくらい読んでますか?
ネットでだけ情報入手しているあなたの脳みそはウニになっているかもしれませんよ。

以前は、社会人になったら日経新聞を読みなさいと言われました。
今は、日経新聞電子版を読みなさいでしょうか・・・
社会人ともなれば新聞を読んで、世の中の出来事に気を配るのが常識ということです。

実は、わたしも最近は日経新聞を読まなくなりました。
かつては、駅売りを買って通勤中に読んでいたんですが・・・。

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞を読み比べてた時期もあります。
今はネットでの情報収集がメインになりました。
偉そうに人のことをあれこれ言う資格はありません。

雑誌の販売金額の推移を調べてみました。

20151031150816

雑誌や書籍は委託販売制度を取っているため返品があります。
発行(出荷)部数では実売とはいえないので、販売金額を集計してみました。
月刊誌と週刊誌の単位金額が違うため、2001年を100とした指数で表しています。

約10年で25~40%減っています。
かなりのダウンですね。

単純な活字離れという要素もありますが、インターネットへの代替が主因とみて間違いないでしょう。
この時代、紙媒体が減るのは仕方がありません。

インターネットは情報量とスピードは抜群です。
人類はかつてない英知を手に入れたと言っていいでしょう。

無料で簡単に読めるだけではなく、最近はキュレーションサービスというものまであります。

Web上の情報を、ある特定のテーマや切り口でまとめ、編集・共有・公開するサービスです。
自分の興味のある分野のTOPICSを集めてくれます。

ダイジェストを流し読みし、目に付いたものだけゆっくり読めばいいわけです。
自分が興味を持ちそうな分野の記事を勝手にセレクトしてくれますので、
自分で集める手間が省けとても便利です。

NAVERまとめ、Gunosy、Antenna、SmartNewsといったところが
代表的なサービスです。

自分が興味を持っている分野の情報や、調べたいと思ったことについては劇的に情報探索が楽になりました。
ニッチな対象分野の情報入手にはとても便利です。

インターネットでGoogle先生を手に入れました。
しかし・・・奪われるものもあります。

情報探索が楽な反面、
自分が興味を持っていない分野の情報は自分からはやって来ません。
カバー範囲外の情報については誰もおしえてくれません。

へ~っ、そんな分野でそんなことがあるんだ!
勘違いしてたよ、意外と面白そうじゃん!
という発見、新たな情報との出会いはネットでは意外と難しいんです。

新聞や雑誌をパラパラとめくっていて、
おや、と何気なく目に留まった記事に新しい発見、気付きがあります。

Amazonは閲覧履歴からのおすすめ商品をこれでもか、これでもかと推薦してくれます。
しかもこれがなかなか興味をそそるものばかりです。
なにしろAmazonはあなたの好みを熟知していますから。

一方、リアルの本屋さんに行って平積みを眺めながら、ブラブラするのは違った楽しみ方です。
お勧め書籍が並んでいますが、店長さんのカラーが出ていたりします。

へえ~歴史ものが好きなのかなぁ?
それともこの界隈は歴史好きの年輩のお客さんが多いんだろうか・・・?
・・・こんな未知との遭遇があります。
未知との遭遇から別の世界が広がることもあります。
そちらの方向には進まなくても、そんな世界の存在を知った事はきっとプラスになります。

特に若い方はなるべく広い範囲の情報に触れてほしいです。
ネットに依存しすぎると同質性が加速するような気がします。

新聞・雑誌を読まずキュレーションサービスばかりを使っていると
未知との遭遇 が無くなり、既知との遭遇ばかり。

そんなあなたの脳はウニになる・・・・!?
ご注意あれ

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

Webディレクター
AFP+個人投資家
自立! 能動! 自由闊達! 年齢不問!

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ