マネー誌が教えてくれる・・投資のやってはいけない

Aug 7, 2015

こんにちは!50代であわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
社会人としてお金のことを勉強したいあなたと、アクティブシニアになりたいあなたへ・・

前回の毎月分配型投資信託の記事を書くために色々調べていて、面白いもの(?)を見つけました。

マネー誌のサイトに、
「5%の利回りを狙う人にお勧めのポートフォリオ」
というのがありました。

なになに、どんなポートフォリオかいね??
これはぜひとも参考にせねばなるまい・・・

見ると7本の投資信託で構成されています。
うち上位3本で70%の金額ウェイトです。

1)テンプルトン世界債権ファンド限定為替ヘッジコース
2)マニュライフ・変動高金利戦略ファンドC
3)野村グローバル・ロング・ショート


正直、あまり馴染みのない商品のような・・・知ってますか??
で、調べてみました。

1)テンプルトン債 →世界各国の国債、公債で構成。
販売手数料、信託報酬、純資産額は順に 2.16% 1.94% 43億円 です。

2)マニュライフ →銀行貸付債権がメイン。各種数値は順に 3.24% 1.92% 3億円(!?)

3)野村グローバル →短期有価証券、株価指数先物、債券先物等を使い積極的な運用のよう。
数値は順に 3.24% 1.67% 112億円 です。

いずれも販売手数料3%程度、信託報酬1.6~1.9%
とてもお勧めとは思えない高コストです。
純資産残高に至っては、なんとわずか3億円の商品も!
利回り実績をみてもさほど優位性があるようには見えません。

記事を書いているのは立派なFP法人の方です。
年間1000件以上の相談をこなしている資産運用に強い事務所とか・・・

はぁ!?? なぜこの商品がお勧めなの?
はてな わかんない

事業概要を見てみました。

金融商品仲介業
生命保険代理店・・・

・・金融商品の販売をしてました。

なるほど自分が売りたい商品なのね・・・orz

あちゃー! まさに
利害関係者にアドバイスを求めてはいけない
です。

有名マネー誌のサイトだけにがっかりですが、この要因はマネー誌を取り巻くお金の流れを考えれば分かります。
雑誌の収入源は読者の購読料もありますが、スポンサーの広告費の方が部数に左右されず安定的です。
(広告費のウェイトは25%~50%程度、あるいは7割という話もあります)

執筆陣としては、お金を頂くお得意先様(スポンサー)の方を向かざるを得ません。
必然的に発信される情報は読者に100%役立つものばかりではなくなります。
(うまく隠してはいるでしょうが)
売らんかなの情報が多くなります。

もう一つ、こんな書籍もありました。
タイトルは「投資信託は・・・・・・から選びなさい」
著者は投信販売会社S社の社長さん。

まぁこれは営業目的出版なのは仕方ないです。

それでも1章~3章の投資信託の買い方、仕組みの解説はちゃんとしています。
インデックス系、バランス型の良さを説いています。

ただ、4章の具体的な商品紹介の部分となると・・・
自社商品を入れているのは愛嬌として、

・直販系ファンドが1本
・SMTさん関連で2本
・eMAXISシリーズが1本
・SBIさんが1本
・楽天さんが1本

なんだか各社をまんべんなく持ち上げています。
業界全体に配慮した(?)大人の事情がありそうです。

利害関係のない人から教えてもらう
のは鉄則ですがこれがなかなか難しい。
情報を入手しようとすると、出てくるのは利害関係者ばかりです。

わたしたち受け手の、情報を選別する能力も問われます。
痛い目を見ながら(授業料を払いながら)習得していくほかないのかもしれません。
もう一度肝に命じたいと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

合同会社モンテリーブロ 代表
資産形成、資産運用専門FP
Webディレクター

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

不動産投資収支シミュレーション

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ